【残債の処理方法|任意売却マニュアル】

失うもののない人は恐れる必要なし

任意売却で返し切れなかった借金は帳消しになるわけではありません。

 

残債を抱えての新生活はどうなるのか?

 

そこがはっきりしないと、家を売ってまで返済した甲斐がありません。

 

残債の処理方法についてまとめました。

 

3つの残債処理方法

任意売却後の残債の処理方法は、大きく3つあります。

 

  1. 返せる額だけ返済していく
  2. 法的整理
  3. 私的整理

 

いずれにしろ、不動産を失った今、残債は無担保です。

 

すなわち「カタ」に取られているものは何もない。

 

そして債務者はヤクザや闇金ではなく、法の認可を受けた普通の企業です。

 

もう怖がるような要素はないので、落ち着いて対処するだけです。

 

1.返せる額だけ返済していく

収入と支出を聞かれ、とりあえず月々返していける額を決めて、それをコツコツ返していく。

 

このパターンが実は一番多いです。

 

返済にまわせるのは、月3万円とか、1万円が限界ということもままあります。

 

それでも,そんな額をサービサーの口座に振り込んでいきます。

 

ちょっと信じられない話かもしれません。

 

それだと一生かかっても残債を全額返済できないかもしれない。

 

そんなことで許してもらえるのか?

 

しかし、サービサー(債権回収業者)は、物理的に無理な人からまで全額回収しようとは考えていません。

 

そんなことは非効率だし、追い込みすぎれば法律問題にもなりかねません。

 

債権回収業者というと「町の取り立て屋」みたいに思う人もいるかもしれませんが、彼らは法の認可を受けている企業です。

 

回収は合法的かつ合理的にやります。

 

担保を処分しての回収(任意売却)と返済能力のある人からの回収メインで成り立つように、彼らのビジネスはできているのです。

 

とにかく、できる範囲で誠実に返済していくということで受け入れてもらえることは知っておきましょう。

 

そうしながら、今後どうしていくのかを落ち着いて考えればよいのです。

 

2.法的整理

個人再生や自己破産など、法に基づいて残債を圧縮、または帳消しにするものです。

 

個人再生

個人再生は債務を圧縮して3年くらいで返済するものです。

 

審査条件が厳しく、十分な安定収入が必要です。

 

自己破産

借金は全部帳消しになり、返済義務は完全に消滅します。

 

そして自己破産後に得たお金は全額自分のものになります。

 

家を売るという大きな代償を払った後で、また何年も返済を続けるのは想像以上に苦しいです。

 

だから、思い切って自己破産でのリセットを選択する人も少なくありません。

 

官報に名前が載りますが、わざわざ調査しようという人以外にそんなものを読む人もまずいません。

 

悪いイメージが先行していますが、自分から言わなければ人に知られる心配はそんなにないです。

 

デメリットは、7年ぐらいクレジットカードが作れなくなり、ローンも組めなくなることです。

 

しかし、これは「収入の中で暮らす」習慣を身に着けるための好条件だと受け取りましょう。

 

あと、自己破産すると会社役員、保険外交員、警備員など、数種の仕事に就くことができません。

 

これらの仕事で収入を維持しないといけない人は、自己破産は選択肢からはずれます。

 

3.私的整理

債権者と交渉して、債務を圧縮して返済計画を立てるものです。

 

当初から交渉できるかもしれないし、しばらく返せる額をコツコツ返しているうちに相手から話がある場合もあります。

 

例えば「だいぶ頑張って返してくれたので、あとこれだけで終わりということにしよう」と、という種類の。

 

残債の額、返済者の経済状況、サービサーの考え方などにより千差万別で、一概に「こうできる」とは言えません。

 

しかし、財産もなく、返済能力も低い債務者に求めても限界があることは相手もよくわかっています。

 

相手が諦めることで残債が減ることもあることを知っておいてほしいと思います。